TOPへ

“TANA”納品事例

オスモ社フロアカラー(ナチュラル)で仕上げたTANAテレビボード

TANA テレビボード

 

 

タモ材で製作したTANAテレビボードをご納品させていただきました。

 

お客様のお住まいには、以前にも奥行きの深い壁面収納をご納品させて頂きいていました。そちらのTANAは、ウォールナット材で観音開きの扉のある収納。ダイニングテーブルや床の色合いに合わせた落ち着いた雰囲気の家具でした。

 

TANA押し入れ収納

 

この度はタモ材にオスモ社のフロアーカラー(ナチュラル)というオイルをお選びいただきました。オイル塗装ですが白い顔料を含んでいて、白木(オイル塗装をしていない)ような仕上がりになる塗料です。タモ材の明るい褐色が活かされて、扉のない開放的な収納になりました。お写真を拝見すると、太陽の光がたくさん入るお部屋の雰囲気にもぴったりと合う形でご納品させていただけたのではないかと思います。

 

 

TANA テレビボード

 

 

搬入経路の問題から、家具は3つのユニットに分割して製作、お部屋で組み上げさせていただきました。
右側の棚板は上下それぞれ可動棚になっています。将来的に棚板を増やせるように、左側のスペースにもダボ穴だけ加工させていただきました。

 

 

TANA テレビボード

 

 

左側の収納の中に見えているのは、もともとコンセントやテレビ端子などがあったところです。この場所から、右側のテレビが収まるスペースと、左側棚の上の2か所に、配線を分配してコンセントとジャックを増設する工事も合わせて承りました。工事は電気工事専門の職人さんにお願いして、先に配線をしていただいてから、家具をご納品させていただきました。
ご納品後、奥様から、オモチャをしまうお子様にも、家具の前でテレビをご覧になる旦那様にも、大変ご好評を頂けたとのことでした。嬉しいお言葉ありがとうございます!

お子様の成長やライフスタイルの変化とともに、中におしまいになるものは変化してゆくと思います。その時々に合わせてお楽しみいただきながら、末永くご愛用頂けましたら幸いです。この度はありがとうございました。

 

 

◎TANAテレビボード
 ・タモ、ランダム接ぎ材
 ・オスモ社フロアーカラー(ナチュラル)
 ・サイズ:幅2160×奥行280×高さ1985mm
 ・巾木除けあり、可動棚4枚、背板無し
 ・電気配線工事、同時施工

 

 

プロダクトページ>>>『セミオーダー家具 TANA』

 

 

他のTANAテレビボードご納品事例を見る>>>『TV・AV・サイドボード』