TOPへ

工房だより

【Aランク ウォールナット一枚板】デスク、ローテーブル向け

 こちらでご紹介するAランクの天板は、デスクやローテーブルにおすすめな天板です。

 お家時間が増えて、お住まいでリモートワークをされる方も多くなりました。それに伴って、デスクには機能性だけでなく、使い心地や居心地のよさなども重要な要素として求められるようになっています。そのようなデスクをお探しの方にはぜひ一度、ウォールナット材のデスクをご検討頂ければと思います。

 ウォールナット材は、肌触りのよさ、おおらかな木目のもつ落ち着いた雰囲気、そして深い色合いと仕上がりの良さが醸し出す高級感と、長くご愛用頂く家具にお選びいただきたい、たくさんの魅力を持っています。

 

 

 Aランクの天板は、ダイニングには少し奥行が足りませんが、デスクにはちょうど良いサイズです。木目の表情や存在感は、Sランクにも引けを取りません。大切な時間を過ごすデスクやローテーブルにお勧めです。

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

【一枚板天板(N21-03)から作ったもの】

 

 

 

 

 一枚板(天板N21-03)を2枚にカットして、デスクを2台製作しました。新しいデザインのデスク用脚部『パイプレートレックス』と組み合わせたデスクです。一台はシンプルに天板をつけたタイプ。もう一台は、天板にも加工を施し、より個性的なデスクへと仕上げました。

 

 

 

 

◎N21-03Aから製作した、完成品DESK

 

 

 

品番:N21-03A
サイズ:幅1265×奥610~720×高720 厚50mm
天板有効サイズ:幅1260×奥550~640mm
デスク価格:¥195,000- (税別、フェア期間中送料サービス)

 

Aランクの板(N21-03A)から製作したデスクです。ゆるくカーブを描くミミは、出来るだけ自然の色合いや細かな凹凸をのこして仕上げました。両側のミミを残していますので、どの角度からも自然の造形を感じていただけます。滑らかな肌触りもお楽しみください。

 

 

 

◎N21-03Bから製作した、完成品DESK

 

 

 

 

品番:N21-03B
サイズ:幅1200×奥530~550×高720/L字部分155 厚50mm
天板有効サイズ:幅1200×奥445~465mm
デスク価格:¥235,000- (税別、フェア期間中送料サービス)

 

Aランクの板(N21-03B)から製作したデスクです。ミミを一度カットして、90度角度を変え立ち上げた形で取り付けました。立ち上げたミミの部分は、後から配線の穴あけ加工等を施したりメンテナンスが出来るように、取り外しができる構造になっています。素材としての面白さにデザインを加えて、世界に一つのデスクになりました。

 

 

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

【一枚板天板(N21-09)から作られるもの】

 

 

 

 

 Aランクの一枚板天板(N21-09)は、長さを生かしたダイニングテーブルや、細長いテーブルに、あるいは二人づかいのデスクなどにいかがでしょうか。奥行きがしっかり700mmあるので、食卓としてお使いいただくローテーブルにもお勧めです。一枚からデスクとスツール、ローテーブルを2台など、組み合わせてのオーダーもぜひお気軽にご相談下さい。

 

 

 

 

N21-09(未仕上げ)

脚部にのせた時のイメージ

 

 

品番:N21-09
サイズ:長2570×幅600~700×厚60mm
天板価格:¥320,000- (税別、フェア期間中送料サービス)

 

 一枚板天板(N21-09)は荒木の状態で店頭展示中です。写真は(N21-09)の表面と裏面の写真で、専門用語では、板の丸太の外側の面を「木表(きおもて)」、丸太の中心側の面を「木裏(きうら)」と呼びます。おおむね木表側のほうが奇麗な木目が出やすくはありますが、板によってどちらも甲乙つけがたい表情が現れる場合もあります。たとえばこの一枚からローテーブル天板と、スツールの座面をつくるとして、それぞれで表使いと裏使いを変えてみるのも面白いかもしれません。

 

 

◇木表(きおもて)と木裏(きうら)
 ・木表(きおもて):丸太を縦に挽いた際のカット面で、幹の外側の面のこと
 ・木裏(きうら):丸太を縦に挽いた際のカット面で、幹の内側の面のこと

《CATEGORY》

 

《ARCHIVES》