TOPへ

工房だより 工房から

スタンダードテーブル用丸天板製作

丸天板用に4枚の板を接ぎおわったところ

 

 

 工房では、丸天板スタンダードテーブルの加工が進んでいます。接ぎ合わせた天板用の板をプレス機から取り出したところです。

 

 

4枚接ぎタモ材天板

 

 

 丸い天板をつくるので、木目の並びや切り抜く部分とのバランスもあらかじめ考えてこのような接ぎ合わせに。見えにくいですが、うっすらと丸い形が鉛筆で描いてあります。

 

 

丸天板を加工中の今日のWOODWORK工房

 

 

 そして、カットが終わった天板。奥の帯鋸(おびのこ)を使って丸く切り抜きました。帯鋸は同じ一方向へ刃が回転しているので、厚みのある板も綺麗に安定してカットができます。この後仕上げ、塗装をして、脚をつけると、4人でお使いいただく丸天板のスタンダードテーブルになります。数は多くないのですが、ときどき、こうした丸天板や楕円形のテーブルも製作させていただいています。

《CATEGORY》

 

《ARCHIVES》