TOPへ

納品事例

アップサイクル家具 アメリカンチェリー材一枚板天板脚部製作

 

 

 10年以上も前にお買い上げいただいた、アメリカンチェリー材一枚板天板のローテーブルを、ダイニングテーブルとして使えるようにしたい、というご要望をいただきました。残念ながら元ついていた脚を生かすことは難しかったので、新規にフォーレッグスを製作させていただきました。天板と同じアメリカンチェリー材です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 新たな脚を製作するにあたり、脚の内側をできるだけ広くお使いになりたいというご要望でしたので、脚部は天板の端につける設定にさせていただきました。

 

 

 

 

 メンテナンスセットと合わせてお届けさせていただきました。お客さまには大変お喜びいただけたとのこと。このたびは有難うございました。また10年、20年と、末永くご愛用頂けましたら幸いです。

 

 

 

 

 こちらが以前ご納品したローテーブルの状態の写真です。台形の脚どおしは幕板でつながっているデザインです。

 

 

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

<脚部製作の様子> 

 

 

 

 

 これはダボを作った跡。元の脚を止めるために使用していたオニメナットを取り外した際の穴を埋めるための「ダボ」を、天板と同じアメリカンチェリーから作ったところです。同じ樹種で埋めると、色合いが近いので目立ちにくいですし、収縮率も近いので、あとで大きな隙間ができたり亀裂の原因になったりしにくい、という良い点があります。

 

 

 

 

 穴にボンドを充填してからダボを打ち込みます。

 

 

 

 

 余分なところをカットして・・・

 

 

 

 

 

 

 天板には反りが出ていました。新しい脚をしっかり取り付けるためには天板の裏面が平らになっていることが大切です。そこで、反りが出ている分だけ削り取ることにしました。板をあてて隙間がないかを確認しながら整えていきました。
 無垢の家具はお使いいただくうちに反ったり割れたりといった変化を起こしていることが多いです。そうしたものも修理したり、別のカタチに作り替えることでより今の暮らしにフィットした家具になります。それが「アップサイクル家具」という考え方になると思います。末永く良い形でお使いいただけるようにお返しさせていただき、喜んでいただけたら幸いです。