TOPへ

家具のお手入れ

 

 

メンテナンスのすすめ

家具を「育む」楽しみ
メンテナンスのすすめ

オイル仕上げの無垢の木の家具は、「木」それぞれの種類に応じた存在感や、触り心地が魅力な一方、経年変化についてのご質問を承ることも少なくありません。オイルで仕上げた木は、日々呼吸をしながら育っていきます。乾拭きや水拭きを基本とする日常的なお手入れ以外に、定期的なメンテナンスを続けることで、美しいつやと共に、色合いは深みを増し、材それぞれの唯一無二の表情に育ちます。ウッドワークでは、こうした「お手入れ」や「メンテナンス」を、木との会話として楽しんでいただけたらと考えています。

 

 

《基礎編》

◎無垢一枚板天板・テーブル製品のお手入れ

・毎日のお手入れ=乾拭きまたは、固く絞った布巾で水拭き
・汚れが付いた時=グラノス(ワックス兼クリーナー)と同量の水を混ぜたものを、布巾に含ませて拭く
・月に1度程度=紙やすりをかけ、オイル塗装する

 

 

◎その他の家具製品のお手入れ

・毎日のお手入れ=はたき等でほこりを払う、乾いた布で乾拭き
・汚れが付いた時=固く絞った布巾で水拭き

※気になる輪染みや傷は、『リペア+メンテナンス』(有料)で、可能な限り最良の状態へ仕上げ直します。お気軽にご相談下さい。

 

 

 

《映像編》

1. メンテナンスの準備

メンテナンスの準備

 

ア、グラノス(日々のお手入れに使うワックス兼クリーナー)
イ、ビボス(オイル・ワックス)
ウ、ビニール手袋(オイル塗装に使用)
エ、ウエス(オイル塗装、拭き取りに使用。色の付いていない白い布で、
  毛羽立ちのない綿布が最適。10枚程度を使いやすい大きさに切っておく)
オ、紙やすり400番(目の細かいもの。3〜4枚を手の平大に切っておく)
カ、紙やすり240番(目の荒いもの。3〜4枚を手の平大に切っておく)

 

 

 

2. 水拭きで落としきれない汚れ(グラノスを使ったお手入れ)

手の跡やシミなど、水拭きでは落としきれない軽度の汚れには、研磨剤入りのワックス兼クリーナー『グラノス』が有効です。
①グラノスの原液を空の容器に入れる。
②グラノスを4倍の水で薄め、よく混ぜる。
③普段使っている布巾等に吹き付ける。
④普段の水拭きと同じ要領で、テーブルを拭く。

 

 

3-1. 木の表面を整える(月1度、紙やすりを使ったお手入れ)

グラノスでは落ちない汚れや表面のざらつき等には、月に1度程度の定期的なメンテナンス(やすりがけ+オイル塗装)が有効です。木の表面の保護はもちろん、美しいつやを持続させ、唯一無二の表情を持つ天板に育て上げることができます。
紙やすりは、木の表面全体を整える場合には目の細かい400番を使い、傷や汚れの目立つ部分を整える場合には、目の荒い240番をかけてから400番で仕上げ直します。

①400番の紙やすりを、木目に沿ってかける。(※木目に逆らうと傷の原因になるのでご注意下さい)
②ある程度かけると、紙やすりの表面に黒い粒状のオイルの固まりが付着する。このままかけ続けると傷の原因になるので、固まりが付着してきたら、新しい面に変える。
③傷や汚れが目立つ部分は、先に240番の紙やすりをかけ、その後で必ず400番の紙やすりで仕上げ直す。全体に紙やすりをかけ終わったらオイル塗装へ

 

 

3-2.紙やすりをかけたら…(オイル塗装)

①オイル塗装に入る前に、やすりがけで出た木の粉をウエスで綺麗に拭き取る。
②ビニール手袋を着け、オイル・ワックス『ビボス』の瓶を振ってよく混ぜ、手に持ったウエスに少量染み込ませて塗装する。(ご購入時にはオイルを下塗りしてあるので、全体に薄く伸ばす程度。オイルが塗布された部分は水に濡れたように見える。むらに注意して全体に塗り込む)
③ミミなどの側面も塗装する。
④全体の塗装が済んだらウエスで拭き取る。側面も忘れずに。様子を見て拭き取る。
⑤30分ほどで、木に染み込まないオイルが拭き戻してくるので、様子を見て拭き取る。
⑥24時間乾燥させる。
⑦塗装や拭き取りに使用してオイルの付いたウエスは、自然発火する恐れがあるので、必ずビニール袋に入れ、水を含ませてから密封して、各地域の指定に従って廃棄する。

 

 

 

《重度の傷や汚れには?》

◎リペア&メンテナンス(有料)

重度の傷や汚れ等、ご自宅でのメンテナンスでは回復が難しい、リペアを含めたメンテナンスを行い、可能な限り最良の状態へ仕上げ直します。

◎出張メンテナンスレッスン(有料)

お客様がご自宅で行うメンテナンスのテクニック向上を目指し、ウッドワークのスタッフがご自宅へお邪魔し、実際にお客様の家具を使ってメンテナンスの方法を詳しくご説明いたします。《ご注意》水分を含むと膨らむという木 本来の特性を利用して対処します。ただし、家具を傷める危険がありますので、作業をする前にお気軽にご相談下さい。

 

 

《メンテナンス講習会》

◎メンテナンス講習会(無料)

ご自宅で行うメンテナンスの方法を個別にご説明いたします。ウッドワークの家具をご購入の方、検討中の方、オイルで仕上げた無垢の木の家具にご興味のある方なら、どなたでもお申し込み可能です。お電話かメールでご予約を承ります。

 

テーブル製品以外の家具をご購入のお客様へ

初めてのメンテナンスを無料で行います。詳細は、ウッドワークへお問い合せ下さい。

※お客様の不適切な使用による破損、不具合等は有料になる場合もあります。

 

 

資料請求