TOPへ

“TANA”納品事例

TANA アメリカンチェリー材の食器棚

アメリカンチェリー材で製作したTANA食器棚

TANA食器棚 アメリカンチェリー


アメリカンチェリー材で製作した食器棚をご納品させていただきました。長年お使いだった食器棚の買い替えをお考えの際に、セミオーダー家具TANAを見つけてくださり、お問い合わせいただいたことからご相談がはじまりました。

 

いままでの食器棚は、奥行きなどのサイズ感がご新居には合っていないという点以外は、使い勝手としては良好とのこと。そこで、まずはいまいちど使いやすい点とそうではない点のお話を様々お伺いしながら、仕様や配置などを整理してTANAに落とし込んでいきました。奥行きが深く大容量だったいままでの食器棚に収納していた食器や食品ストックがしっかり収まった上で、使い勝手をアップさせたいということで、収納力が第一優先でした。ご相談を重ねた結果、最終的に仕様や配置をあまり変えないかたちになったのも、やはり長年体にしみ込んだ使い勝手や動線などがあってのこと。棚板の高さや引出の深さをお持ちの食器類に合わせて設定することで収納力を増したり、新たに中段左側には、隣の棚のレンジから出したお皿を、さっと置いておける作業スペースを以前よりも広めに確保しました。

 

引き出しと開き扉

引き出しと開き扉


ガラス片開き扉と引違い戸

ガラス片開き扉と引違い戸

 

TANAはセミオーダーの家具シリーズとしてかなり自由度が高い分、お客様自身でもいろいろと採寸していただいたり、ご検討いただくことが多くて大変かと思います。そのことをお客様にお話しした時、「家づくりと似ていますね。大変だけれども楽しいです」と仰ってくださいました。お客様ご自身も、最初にご来店いただいた時から収納予定のもののサイズを調べてきてくださったので、はじめから具体的なお話しがスムーズにうかがえたように思います。
何度もご相談を重ね、そのたびにご家族皆様でじっくりとお考え頂いた上で内容を決定して製作に入った食器棚でしたので、担当した私も、ご一緒に作らせていただいた感じがして、塗装場で仮組みをしたほぼ完成形の状態を見たときにとてもうれしかったです。
樹種は、経年変化する様や風合いがお好きということで、アメリカンチェリーをお選びいただきました。日に日に深い色合いに育っていくのをお楽しみ頂きながら、どうぞ末永くご愛用ください。

 

長年お使いだった食器棚にかわり、また長い年月このTANAをご家族皆様でご愛用いただけますとうれしいです。

 

 

TANA食器棚(チェリー) W1200×D450×H1950mm