TOPへ

納品事例

いろはボックスを組み合わせたテレビボード


  
先日、「いろはボックス」と「いろは天板」を組み合わせた、テレビボードを納品させていただきました。
 
薄型でも、テレビを家具に置いて使う場合は脚部を取り付けた形になりますので、
テレビ台の奥行きは20センチ~35センチ以上が必要になります。
 
こちらのお客様の場合も、奥行きを通常のいろは天板の奥行き355mmから、
405mmに変更して製作させていただきました。
 
ただ、今後いろはボックスを追加でお買い上げ頂けた場合の事を考えて、
いろはボックスはレギュラーと同じサイズ、デザイン。
いろは天板の奥行きのみ、後ろへ伸ばす形で広くさせて頂きました。
 
 
上のお写真はお客様が撮影してお送り下さったものです。
ありがとうございました。
 
テレビ周りのモノがちょうどぴったり収まっていて、使いやすくレイアウトして頂いています。
こうして拝見すると、いろはボックスや天板の「薄さ」が、
薄型テレビや最近のコンパクトなAV機器に合っていますね。
 
テレビボードフェアの際にご来店くださって、 
スピーカーを付けた時のテレビのサイズや、天板の奥行きなど、
こだわりのポイントをじっくりご相談したうえで製作させていただきました。
ご満足いただけるものになりましたでしょうか?
 
 
どうぞ末永くご愛用いただけることを願っています。
お買い上げありがとうございました。
 
 
 
 
 
Yahoo!ブックマークに登録 Check