TOPへ

納品事例

無垢天板 神代タモ一枚板天板+キャスター

木が土の中に埋もれて、泥の成分などが滲み込むことで、
グレー色になり、時間がたって掘り起こされたものを
「土埋木(どまいぼく)」とよびます。
 
特に長い時間土中にあって、色合いが美しく変化したものを
「神代木(じんだいぼく)」と呼び、珍重したりします。
 
 
こちらの小さなたもローテーブルは、新しい試みとして
「土埋木」に大きなキャスターを取り付けてみたものもです。
独特のグレーな色とあいまって、面白いローテーブルが出来ました。
 
お買い上げくださいましたお客様は、脚部の面白さより、
板の色合いの美しさでお選びいただいたようです。 

 
お手入れなどは通常のテーブルと変わりません。
どうぞ末永くご愛用ください。

お買い上げありがとうございました。